Monthly Archives: 5月 2015

キャッシングを利用する際の限度額は?

キャッシングを利用する際に気になるのが、自分は一体どれくらいの限度額まで使用できるのかということでしょう。

限度額というのは申し込んだ人により大きく異なってきますが、初めて利用する場合にはほとんどの金融業者で最低限度額までの利用に限られているのが一般的です。

最低限度額は消費者金融でも銀行の場合でも、50万円程度が限度額になっていますから、会社の社長で高収入の人でも、年収が300万円程度のサラリーマンの場合でも、初めに利用できる金額は同じになると言えるでしょう。

しかしある程度の利用実績を積んだ場合に増額して使用できる限度額に関しては、消費者金融の場合は年収の三分の一までしか貸し付けできない総量規制が有るため、年収の多さによって限度額が大幅に違ってきます。

年収300万円程度のサラリーマンの場合、借りることが出来る限度額は年収の三分の一にあたる100万円までとなりますので、利用している消費者金融の最高限度額が300万円であったとしても100万円が限度額となってしまいます。

年収が1200万円ある会社の社長の場合、三分の一の金額は400万円となりますので、最高限度額の300万円まで借りることが可能になります。

しかしそれ以上はその消費者金融の貸し出すことが出来る限度を超えてしまうため、300万円が最高限度額の場合はそれ以上の借り入れは出来ないと言うことになります。

銀行の場合は消費者金融とは少々事情が異なり、総量規制という規制が無いため年収の三分の一までという貸し付けの規制がありません。
ですから年収300万円のサラリーマンの場合でも、三分の一となる100万円を超える貸し付けが理論上は可能ということになります。

銀行の場合消費者金融よりも最高限度額が多くなっている場合がほとんどで、500万円~1000万円までが最高限度額になっている銀行も存在しています。
銀行側が審査でOKを出した場合には、500万円~1000万円の借り入れが可能になるわけです。
もちろん年収の査定も行われますしトータルでこの人にはどれくらい貸しても良いかを審査されますので、年収が300万円で1000万円貸してもらえると言うことはほとんどありません。

ただ年収の三分の一を超える限度額での借り入れは出来る場合が多いですから、消費者金融よりも多く借りたいのであれば、限度額が高いといえる銀行のカードローンを利用したほうが利便性が高いと言えるのではないでしょうか。
限度額が上がれば上がるほど審査は厳しくなりますからその点は注意したほうが良いでしょう。