Category Archives: 審査について

銀行カードローンの契約はインターネット上で可能だが解約はインターンネットで出来ないデメリットがある!

銀行カードローンと言えば、インターネット上でWEB完結で申し込みができ、契約手続きも済ますことが出来ます。
しかし、利用する頻度が少ない、住宅ローンや自動車ローンの審査に備え、解約をしたいというケースが少なからずあります。

そもそも、多くの銀行カードローンはインターネットで手軽に申し込みから手続きが出来る反面、解約時の手続きに対する顧客サービスが充実していません。
結果、解約のためには銀行窓口に足を運ぶ必要があるものが多くなっています。

中には、フリーダイヤルで対応してるものの、日中は電話が繋がり難く、働いている人にはハードルが高くなっています。
また、取引がある支店すなわち銀行口座に記載される支店以外の場合、手続きに時間が掛かるなどという問題もあります。

契約の手間が掛からないというメリットの反面、将来的なデメリットを考慮して申し込むことが意外に重要なポイントとなります。

キャッシングの審査ポイントとは

いろいろとお金が必要になることがあるでしょう。そうしたときにまずはお金を借りる、ということが何よりお勧めできるやり方になります。もちろん、貯金があればそれを使うことがベストでしょうし、或いは物を売る、ということもありです。ですから、それは実に最終的な手段である、ともいえるのですがそれでも借りることのほうが手っ取り早いことも多いのです。

それに最近ではかなり簡単に借りることができるようになっていますし、なにより早いのです。早い、ということはなにより有難いことになるでしょう。即日融資、ということが当たり前のようになっていますから、その点をよく認識しておいて、上手く申請することです。

ちなみに無利息期間というのがあるところも多くなっています。ですから、キャッシングサービスを選ぶ時にはそうしたキャンペーンなり制度を実施しているところにするとよいでしょう。そうすることによって、コストをかなり下げることができるようになります。そこがまさにとても大事なことになりますから、よく覚えておいた方がよいでしょう。

はっきりいって、金利はキャッシングサービスが最も高いのですがそれでも数ヶ月単位で返せるのであれば問題はないでしょう。

限度額や上限金利が設定されたため、安全に利用できるようになっています

現在では総量規制という法律により、消費者金融のキャッシングで借り入れできる金額は、年収の3分の1までとなっています。

この年収の3分の1までという金額は、無理のない返済が可能と大蔵省によって判断された金額です。
そのため総量規制の対象となっている消費者金融のキャッシングでは、返済が不可能になるほどの大金を借り入れすることができませんし、計画的な返済をおこないやすいと言えます。

また金利も、利息制限法によって、10万~100万円までの借り入れなら18.0%、それ以上の借り入れなら15.0%と上限が定められています。
これは、1日あたり0.4~0.5%ほどの金利ですから、長く借り続けない限り、それほど多くの利息は発生しません。
期日を守って返済すれば、利息が膨れ上がって元本が数倍にもなるといった事態にはならないのです。

消費者金融は、かつてはサラ金と呼ばれていました。主にサラリーマンを対象とした貸金サービスだったからです。

サラ金では、現在よりも高い金利で、多くのお金の貸し付けをおこなっていました。そのため一部の利用者は、自分の返済能力を超える大金を借りてしまい、膨れ上がる利息でどんどん返済が困難になってしまっていました。

それにより破産してしまう人も多くいたため、現在では法律で借り入れの限度額や金利が低めに設定されるようになったのです。
つまりは現在の消費者金融でのキャッシングは、法律によって安全性が認められているわけです。

借りすぎる心配も、利息が膨れ上がる心配もなく、安心して利用できる可能性が高いのです。

そのため現在では、多くの人が安全に計画的に、消費者金融でお金を借り入れしています。

サラ金という名称では呼ばれなくなり、サラリーマン以外の、たとえばパート主婦やフリーターでも、手軽に借り入れができるようになりました。また、パソコンやスマートフォンからでも、簡単に申し込みができるようになっています。

こういった理由で、消費者金融のキャッシングの利用者は増えているのです。

お金を借りるための審査基準について徹底解説!
http://www.lasvegasmountedpolice.com/

キャッシングを利用する際の限度額は?

キャッシングを利用する際に気になるのが、自分は一体どれくらいの限度額まで使用できるのかということでしょう。

限度額というのは申し込んだ人により大きく異なってきますが、初めて利用する場合にはほとんどの金融業者で最低限度額までの利用に限られているのが一般的です。

最低限度額は消費者金融でも銀行の場合でも、50万円程度が限度額になっていますから、会社の社長で高収入の人でも、年収が300万円程度のサラリーマンの場合でも、初めに利用できる金額は同じになると言えるでしょう。

しかしある程度の利用実績を積んだ場合に増額して使用できる限度額に関しては、消費者金融の場合は年収の三分の一までしか貸し付けできない総量規制が有るため、年収の多さによって限度額が大幅に違ってきます。

年収300万円程度のサラリーマンの場合、借りることが出来る限度額は年収の三分の一にあたる100万円までとなりますので、利用している消費者金融の最高限度額が300万円であったとしても100万円が限度額となってしまいます。

年収が1200万円ある会社の社長の場合、三分の一の金額は400万円となりますので、最高限度額の300万円まで借りることが可能になります。

しかしそれ以上はその消費者金融の貸し出すことが出来る限度を超えてしまうため、300万円が最高限度額の場合はそれ以上の借り入れは出来ないと言うことになります。

銀行の場合は消費者金融とは少々事情が異なり、総量規制という規制が無いため年収の三分の一までという貸し付けの規制がありません。
ですから年収300万円のサラリーマンの場合でも、三分の一となる100万円を超える貸し付けが理論上は可能ということになります。

銀行の場合消費者金融よりも最高限度額が多くなっている場合がほとんどで、500万円~1000万円までが最高限度額になっている銀行も存在しています。
銀行側が審査でOKを出した場合には、500万円~1000万円の借り入れが可能になるわけです。
もちろん年収の査定も行われますしトータルでこの人にはどれくらい貸しても良いかを審査されますので、年収が300万円で1000万円貸してもらえると言うことはほとんどありません。

ただ年収の三分の一を超える限度額での借り入れは出来る場合が多いですから、消費者金融よりも多く借りたいのであれば、限度額が高いといえる銀行のカードローンを利用したほうが利便性が高いと言えるのではないでしょうか。
限度額が上がれば上がるほど審査は厳しくなりますからその点は注意したほうが良いでしょう。